礼拝スケジュールや教会のイベントなどを紹介します。

自由にご参加いただけます。皆様のお越しを心からお待ちしております。

集会のご案内

礼拝
日曜
10:30~11:30
オルガンに合わせて讃美歌を歌い、聖書のお話を聴きます。
小さいお子さん連れの方も大歓迎です。茶話会もしています。
教会学校日曜
9:00~10:15
元気な子どもたちが集まります。初めての方でも大歓迎です。
礼拝後には、一緒に遊んで楽しい時間を過ごします。

 

日曜日の礼拝の流れ(日曜 10:30-11:30)

錦林教会の礼拝は、以下のような流れになります。司会者がその都度声をかけるので、ご安心ください。

招きの音オルガンの音に耳を傾けて心を鎮めましょう。
牧会祈祷牧師が代表してお祈りするので祈りを合わせて下さい。
頌栄父・子・聖霊なる神をたたえる讃美歌を歌います。
主の祈りイエス・キリストが教えてくださったお祈りを共に捧げます。
賛美オルガンの音に合わせて讃美歌を歌います。
聖書朗読司会者が聖書を読みます。
賛美オルガンの音に合わせて讃美歌を歌います。
説教牧師が聖書から分かりやすくメッセージを伝えます。(約15分)
賛美オルガンの音に合わせて讃美歌を歌います。
献金神に感謝してささげます。(自由)
頌栄父・子・聖霊なる神をたたえる讃美歌を歌います。
祝福の祈り牧師が祝福をお祈りします。
後奏オルガンの音に耳を傾けて心を鎮めましょう。
報告教会の諸活動のお知らせを皆で共有します。

 

礼拝後…

茶話会お茶やお菓子を楽しみながら、交わりの時を過ごします。
フリータイム自由に歓談したりする時間です。

 

集会のご案内

洗礼を受けていない方も自由にご参加いただけます。ぜひ教会に足をお運びください。

ペンテコステ礼拝

ペンテコステでは、教会の誕生をお祝いしています。

詳細は時期になりますと更新されますので、ご確認ください。
詳しくは<お知らせ>をご覧ください。

 

クリスマス行事

イエス・キリストの誕生を喜び、お祝いするクリスマスでは、以下のような活動をしています。

詳細は時期になりますと更新されますので、ご確認ください。

○教会学校クリスマス会 詳しくは<お知らせ>をご覧ください。

○クリスマス礼拝(午後はクリスマス祝会) 詳しくは<お知らせ>をご覧ください。

○燭火礼拝(キャンドルサービス)

 

イースター

イースターでは、イエス・キリストの復活をお祝いします。キリスト教の大事なお祝いの一つです。

詳細は時期になりますと更新されますので、ご確認ください。

イースター礼拝 詳しくは<お知らせ>をご覧ください。

教会学校イースター礼拝  詳しくは<お知らせ>をご覧ください。

 

教会学校

「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい。止めてはならない。神の国はこのような者の国である。よく聞いておくがよい。だれでも幼な子のように神の国を受けいれる者でなければ、そこにはいることは決してできない」               (マルコによる福音書10章14~15節)

錦林教会では、第2、第4日曜日の9時から子どもの礼拝を行っています。

教会では、子どもたちが賛美歌を歌い、お祈りして礼拝する場を、教会学校と呼んでいます。

礼拝後には、皆で外で身体を動かして遊んだり、カードゲームをしたりして楽しく過ごしています。

その他の活動は、キャンプ/ハイキング/各種の祝会/イベント/親睦会などがあります。

 

教会学校ってどんなところ?

幼い心に語りかけられた聖書のことばは、いつまでも心に残り、いつしか大きく実を結びます。それは子供たちを成長させ、悩みの中にあるときに子供たちが立ち直る大きなきっかけになります。

今日、「いじめ」「不登校」「自殺」「虐待」など子どもたちを取り巻く問題は深刻です。

子どもたちには子どもたちの戦いがあり、家庭、学校、塾、お稽古ごとなど、子どもたちは多くのことを学び、感じ、傷を受けてしまうこともあるでしょう。

一週間にほんの1時間ほどの時間ですが、子どもたちが安心して自分の心を打ち明け、リラックスして元気をもらえる場、そんな「居場所」でありたいのです。

日曜日の礼拝や、クリスマス、イースター、キャンプなどの行事で、子どもたちの生き生きとした表情は本当に喜ばしい事です。子どもたちにとって、学びながら一生の友だちがつくれたらどんなに素敵でしょう。教会学校はそういった居場所でありたいと考えています。

20160730_058a

先生はどんな人?

わたしたち教会学校の教師とは、一人ひとりの子どもと向きあい、その声を聴き、心を開いて、あるがままの子どもを受け入れることが大切だと考えています。そのためには、子どもたちと共に喜び、共に悲しみ、苦しみや痛みを分かち合うことが重要です。

また、教師同士のチームワークを大切にし、助け合い、共に祈り、お互いの才能を認め合い、学び合う中で、この時代に生きる子供たちへ送るべきメッセージと課題は何かを考えます。

教会が子どもの「居場所」になるよう努め、子どもたちを招き入れたイエス・キリストにならって、子どもたちと共に生きる教師であり、子どもたち一人ひとりを覚えて祈るものでありたいと願っています。